高齢出産

妊娠中の指輪はいつ外す?むくんで指輪が抜けなくなる?

妊娠すると、指がむくんで、指輪が外れなくなることがあります。 妊娠中に指輪を外すか外さないかは、人それぞれで、たとえ妊娠中でも、大切な結婚指輪は外したくない、と考える人も多いかもしれません。 しかし、実際のところ、ほとんどの人は...
高齢出産

高齢でも妊娠しやすくするためにとるべき行動

女性の妊娠力は、30歳を過ぎた頃から、次第に低下しはじめて、30代後半になると、急速に低下していくといわれていて、妊娠する確率は、30代前半では25%程度、30代後半で18%程度、40代になると5~1%程度にまで低下するといわれています。 ...
高齢出産

妊娠超初期にみられる症状の特徴

妊娠すると、女性の体は、赤ちゃんを育てるために、様々な変化を起こします。 特に、30代・40代の高齢妊娠の場合には、流産のリスクなどを少しでも減らすためにも、その変化には、できるだけ早く気付きたいものです。 妊娠超初期 妊...
高齢出産

妊娠初期症状が出るのはいつから?兆候をチェックするポイント

妊娠すると、女性の体には、「妊娠初期症状」と呼ばれる、様々な体調の変化が現れます。 妊娠初期症状は、人それぞれですが、妊娠を希望している人にとって、妊娠の兆候が、いつ頃、どんな症状で現れるかということは、とても関心が強いことです。 ...
高齢出産

つわりはいつ始まっていつ終わる?つらいつわりの対処

つわりの症状で妊娠に気がつく、という人も少なくありません。 妊娠した女性のほとんどが経験するといわれている「つわり」ですが、つわりは、いつ始まって、いつ終わるものなのでしょう。 つわり つわりは、妊娠することで現れる、吐き...
高齢出産

高齢になると妊娠しにくくなる理由は?女性側の原因と男性側の原因

高齢になってから、赤ちゃんがほしいと思うようになったけど、なかなか妊娠できない。 特に、妊娠しにくい理由がないこともありますが、女性または男性に、妊娠しにくい何からの原因があることもあります。 その原因によっては、不妊治療が必要...
2020.12.24
高齢出産

高齢出産では難産になりやすい?難産の原因と予防

「高齢になるほど難産になりやすい」ということを、よく耳にします。 年齢が高くなるほど、産道が硬くなり、骨盤も開きにくくなっているため、お産に時間がかかったり、出血が多くなったりする傾向があるのは確かなので、若い頃の出産に比べて、高齢で...
2020.12.24
高齢出産

高齢出産でダウン症や発達障害の確率が高くなる原因は?

晩婚化が進んでいる現状では、昔に比べて、出産する年齢が、高くなる傾向にありますが、高齢出産では、若い頃の出産に比べると、いろいろな面でリスクが高くなります。 先天異常や発達障害のある子が生まれる確率が高くなるというのも、そのうちの一つ...
2020.12.24
高齢出産

妊娠生活に不可欠な夫のサポート

実際に赤ちゃんを産むのは女性ですが、妊娠中から出産・産後を通して、夫のサポートがとても大切になります。 妊娠してから出産するまでの間に、女性の体には様々な変化が現れます。 妊娠生活と夫のサポート 妊娠の経過が順調なら、普段...
2020.12.24
高齢出産

立ち合い出産で夫ができることは?

いざお産となると、普段は冷静で落ち着いている人でも、慌てたり不安になったりするものです。 そんな時、一番の頼りになるのが、夫の支えです。 立ち合い出産は、単に夫がお産の現場に立ち会うというだけではなく、お産が始まってから赤ちゃん...
2020.12.18
高齢出産

安産のためのお産の4要素

お産がスムーズに進んで行くためには、4つの要素が必要になります。 お産の際には、ママ一人が、陣痛の痛みと戦っているわけではありません。 これから生まれてくる赤ちゃんも、狭い産道を通るために、様々な努力と工夫をしています。 ...
高齢出産

昔は高齢出産する女性が多かったのはどうして?

35歳を過ぎてからの妊活では、女性の妊娠力が低下していることもあり、いろいろな対策を考えながら、妊活をしている人も多いですが、一昔前には、40歳前後で出産することは、そんなに珍しいことではありませんでした。 昔の女性は「子だくさん」が...
高齢出産

子宮外妊娠はいつわかる?注意したい自覚症状とその原因

妊娠初期は、いろいろなトラブルが起こりやすい時期ですが、子宮外妊娠もそのうちの一つです。 子宮外妊娠 本来、受精卵は、子宮内膜に着床しますが、子宮外妊娠では、何らかの原因で、受精卵が、卵管内などの子宮内膜以外の場所に着床してしま...
高齢出産

高齢出産は何歳から?初産婦と経産婦で違いはある?

結婚する平均年齢が高くなったり、結婚しても、そのまま仕事を続ける女性が増えてきていることなどもあって、高齢出産の割合は、年を追うごとに高くなっています。 最近では、晩婚化が進んで、20代前半での妊娠・出産は、半数以下にまで減っていて、...
高齢出産

「子宮筋腫」は妊娠中に手術をすることは稀/安静や薬物療法で乗り切る!

子宮筋腫は、30代以上の女性の5人に1人が持っているといわれている、子宮にできる良性の腫瘍です。 子宮筋腫は、ある意味ポピュラーな病気と言えるかもしれませんが、月経の経血量が多い、月経痛が強いなどの症状以外には大きな自覚症状がないのが...
2020.12.17
高齢出産

「卵巣嚢腫」は妊娠中でも必要に応じて手術が行われる

子宮筋腫と並んで、妊娠を機に見つかることが多いものに、「卵巣嚢腫」があります。 卵巣嚢腫は、卵巣に水や粘液がたまる、良性の腫瘍です。 ルテイン嚢胞 妊娠初期の検査で、「卵巣が腫れている」と言われることがありますが、その場合...
高齢出産

産後の子宮の戻りに必要な期間は?産後の肥立ちを良くするために

「産後の肥立ちが良い」「産後の肥立ちが悪い」ということを、耳にすることがあります。 出産後の女性の体調などを表すのに、「肥立ち」という言葉が使われますが、妊娠することで大きく変化していた女性の身体が、妊娠前の状態にまで回復することが、...
高齢出産

切迫早産での安静期間はいつまで?自宅安静と入院安静

切迫早産と診断されたからといって、必ず早産するというわけではありません。 安静にして適切な処置を受けることで、早産を防ぐことも十分可能です。 切迫早産 切迫早産の症状と早期発見 出産予定日(妊娠40週)をはさんで前3...
高齢出産

「妊娠しやすい人」と「妊娠しにくい人」の違い/妊娠の可能性を高めるために

妊娠したいと思ってもなかなか妊娠できない人がいる一方で、特に妊娠を意識しなくても、自然に妊娠できてしまう人もいます。 妊娠に関しては、子供が欲しいと思うタイミングも人それぞれで、その時の年齢などの状況も違っているので、妊娠のしやすさに...
高齢出産

流産しやすい時期はいつまで?妊娠初期の流産の兆候・症状と過ごし方

妊活の甲斐あって妊娠できたら、次に不安になるのが流産のことです。 全年齢を通した流産のリスクは15%前後ですが、35歳以上の高齢妊娠の場合には、流産の確率は20%程度になるといわれています。 高齢妊娠の場合には、5人に1人が流産...
タイトルとURLをコピーしました