ウサギの「長い耳」には「放熱」の役割があった!

ウサギのトレードマークの「長い耳」。

可愛くて長い耳には、「音を集める」という重要な役割があります。

耳が大きければ、それだけたくさんの音を集めることができるので、ウサギの長い耳は、音を集めるには、とても優れているといえます。

走っている時も、耳は立ったまま

ウサギの耳には、音を集める以外にも、重要な役割があるといわれています。

ウサギは、その気になれば、かなり速く走ることができるといわれていて、敵に追いかけられた時などには、時速70キロメートルもの速さで、走って逃げていくといいます。

しかし、全力で走っている時でも、ウサギの耳は、立ったままなのだといわれます。

普段、敵の動きを探るために、大きな耳を立てて、感度を良くするというのは分かりますが、追われている時には、耳を寝かした方が、空気の抵抗も少なくなって、速く走れそうな気もしますが、実際に、走っている時も、ウサギの耳は立ったままの状態だといいます。

耳から熱を逃がす

ウサギにとっては、激しく運動している時こそ、耳を立てる必要があるというのです。

その理由は「体温を放出」するため

体温が上がってくると、人間は、汗をかいて熱を放出し、犬は、舌を出して熱を放出しますが、ウサギの場合は、耳から熱を逃がすというのです。

ウサギの長い耳には、「熱を逃がして、体温を調節する」という、重要な機能があったというわけです。

ウサギの長い耳は、音を集めるという意味で優れていますが、それだけならば、縦に長い必要はないといわれます。

耳が長いのは、上の方へ熱を逃がしていくという理由がありました。

ウサギの長い耳には、音を聞く以外にも、「熱を逃がす」という、意外な機能があったというわけです。

タイトルとURLをコピーしました