刑事のことを「デカ」と呼ぶのはどうして?

「刑事」と書くと、普通は「けいじ」と読みます。

しかし、かつて「あぶない刑事」という人気ドラマでは、「あぶない刑事」と書いて「あぶないでか」と呼ばせていました。

テレビ番組などでは、よく「刑事」のことを「デカ」と呼んでいますが、とうして、「デカ」というのでしょう。

和服の上着「角袖」

明治時代には、「黒い脚あてをつけていた巡査」は「足黒」、「立ち番をしていた制服を着た巡査」は「ポスト」と呼ばれ、「刑事」「カクソデ」と呼ばれていたといいます。

刑事が「カクソデ」と呼ばれていたのは、当時の刑事が、「角袖」と呼ばれる「四角い形をした袖の和服の上着(外套)」を羽織っていたからだといわれています。

刑事のことを煙たく思っていた社会の「アウトロー」たちの間では、この「カクソデ」が更に隠語化されて「クソデカ」となり、最終的に「クソ」がとれて「デカ」と呼ばれるようになったといわれてます。

「デカ」は、刑事に対する「蔑称」だったというわけです。

それが、時代が流れていくうちに、一般的にも「デカ」と呼ばれるようになっていったといわれています。

その他、「警察関連の隠語」に「ガサ」「ショバ」「バイニン」などがありますが、
「ガサ入れ」の「ガサ」は、「探す(サガス)」の音の入れ替えが隠語になったもの、
「ショバ」は、「場所(バショ)」の音の入れ替え、
「バイニン」は、「密売人(ミツバイニン)」の「ミツ」が取れたもの
といわれています。

タイトルとURLをコピーしました