「返し箸」で料理を取り分けるのはNG/マナー違反の箸使い

宴会や飲み会などでは、テーブルの上に、大皿料理がずらりとならびます。

気の利く参加者は、自分の箸を逆さに持ち直して、みんなの分の料理を、小皿に取り分けてくれたりしますが、この箸を逆さに持ち直した「返し箸」で料理を取り分けるのは、実はマナー違反とされています。

料理の取り分けには「取り箸」を使う

箸を逆さにした「返し箸」で料理を取り分けるのには、「自分が口をつけた箸で他人に食べ物を取るのは失礼」という思いがあるからです。

しかし、よく考えてみると、それまでは手で握っていたところを使って、他の人に食べ物を取るというのは、とても不衛生で失礼なことです。

大皿の料理を取り分けるときには、「取り箸」を使うのがマナーです。

「返し箸」は、箸のルーツの中国では、「相手との親密な関係を避ける行為」とされ、タブーとされています。

ちなみに、「取り箸」は、箸の本家の中国にはなく、日本にしかない風習です。

マナー違反とされる箸使い

「返し箸」以外にも、マナー違反とされている箸使いに、次のようなものがあります。

移り箸

一度箸を付けた料理を取らずに、別の料理に箸を付ける「移り箸」

迷い箸

「どれにしようか」と、箸をあちこちに動かす「迷い箸」

渡し箸

器の上に箸を置く「渡し箸」(箸置きがない時などに、してしまいがち。)

探り箸

手前の料理を取らずに、奥の料理に箸をつける「探り箸」

寄せ箸

箸を使って器を手前に動かす「寄せ箸」

刺し箸

つかみ難い料理を箸で突き刺して食べる「刺し箸」

涙箸

汁の具などを持ち上げた際に汁がたれる「涙箸」(器を持ち上げるか、取皿で受けます。)

ねぶり箸

箸先の汚れを拭き取ろうとして口でなめる「ねぶり箸」(懐紙を使います。)

~・~・~・~・~

「返し箸」を始めとした、普段の何気ない箸使いにも、マナー違反となる箸使いがあるので、気をつけるようにしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました