アサリの砂抜きには「クギ」よりも「お湯」!

「アサリの酒蒸し」「アサリの味噌汁」。

どちらも、旨みがあって美味しい料理です。

しかし、アサリを料理する前には、「砂抜き」をしておかなければなりません。

最近では、「砂抜き済みのアサリ」も売られているようですが、それでも、ジャリッと砂を噛んでしまうこともあります。

特に、潮干狩りで獲ってきたアサリなどは、砂が多いので、しっかりと「砂抜き」をする必要があります。

アサリの砂抜きをする時には、「クギや包丁などを入れておくと、よく砂を吐く」と言われたりします。

「塩水の中に鉄が溶けだして、海水の状態に近くなるので、砂を吐きだしやすくなる」というのが、その理由のようですが、実際のところは、どれくらいの効果があるのでしょうか。

「クギ」は効果なし

アサリの砂抜きをする際に、「水道水だけの場合」と「クギを入れた場合」とでは、砂の抜け方には「ほとんど差がない」というのが実情のようです。

「錆びたクギ」を入れた場合には、逆に「砂抜きがしにくくなる」こともあるといわれています。

アサリの砂抜きで、水の中に「クギ」を入れておいても、あまり効果は、期待できないようです。

ただ、しっかりと「砂抜き」をするためには、「もともとアサリがいた環境」に、できるだけ近づけることが効果的であるということは、確かなようです。

このため、ボウルの中に「クギ」や「包丁」などの危険なものを入れておけば、むやみにかき混ぜたりせず、穏やかな海の状態に近づけることができるだろう、という考え方もあるようですが‥。

「50度のお湯」を使ったアサリの砂抜き

「アサリの砂抜き」に「50度のお湯」を使えば、比較的、早くて簡単に、砂が抜けるといわれています。

一般的に、「アサリの砂抜き」に使う水は、「海水と同じくらいの濃度の塩水」が良いとされますが、この時の「お湯」は、普通の水道水で大丈夫です。

「50度のお湯」「10分程度」アサリを浸けておけば、「砂抜き」ができてしまうといわれています。

「50度のお湯」に関しては、「沸騰させた水」と、それと同量の「水道水」を混ぜることで、「ほぼ50度のお湯」を、簡単に作ることができます。

「200mlの沸騰させた水」+「200mlの水道水」=「400mlのほぼ50度のお湯」

お湯が、冷たすぎると、砂が上手く抜けず、熱すぎると、アサリが死んでしまうので、お湯の温度には、注意が必要ですが、50度のお湯に浸けることで、アサリの身が縮みにくくなって、味が良くなるともいわれます。

一度、試してみる価値はありそうです。

タイトルとURLをコピーしました